愛車査定のチェックポイント

車売却・車を売ることをお考えの方は、査定ではどのようなところがチェックポイントとなるのか、気になるところかと思います。そこで、ここでは愛車の査定のチェックポイントについて、ご紹介しています。

 

車の外観

車のボディの傷や汚れはもちろんですが、人気のあるカラーかどうかは金額に大きく反映されます。ボディの傷は、素人では気が付かないところまで細かくチェックされます。じゃあその前に修理に出そう、というのはNG。実は修理代のほうが査定で安くされるよりも高くつく場合が多いので、辞めておきましょう。

 

最もよくチェックされるのは、カラー以外にはエアロパーツ、ナンバープレート、窓ガラス、サンルーフ、ムーンルーフ、ボンネット、天井、ヘッドライト・テールランプ、ラジオ、テレビなどのアンテナ類、ドアなど。

 

車の内装

車の内装の汚れは、実際乗る人の快適さがかかわってくるため、査定をする査定士は細かくチェックします。内装でチェックされるのはシートはもちろん、フロアマットなど。好感しなければならないと、金額は大きく下がってしまいます。喫煙者やペットが乗っていた車も、大きなマイナスとなります。そのほか、オーディオとスピーカー、カーナビのチェック、ハンドルやメーター類のチェック、エアバッグ、トランク、スペアタイヤなどもチェックされます。

 

走行距離

走行距離が平均的な車よりも多いと、査定額が低く出る傾向にあります。

 

車の内部

車のエンジン音のチェックのほか、オイル、プラグの状態、改造している個所はあるかどうか、修復歴の有無などをチェックします。ディーラー以外で買い取ってもらうのであれば、エンジンに手を加えた方は、その分プラスになるなんてことも。車台番号(車体番号)に移植や改ざんがあると、買い取ってもらえないこともあるそうですので注意してください。

 

定期点検整備記録簿

過去の愛車の整備状況が把握できる書類のため、あるとプラスになる場合も。

 

取扱説明書

車の取扱説明書の査定に反映されます。常に捨てずにとっておきたいものですよね。純正品・社外品、どちらにせよ、追加でパーツを付けた場合も、同様に説明書があるほうがプラスになります。そのほか、車検の残期間や、スペアキー、キーレスの有無、純正部品の有無
なども査定に影響します。

 

新車を購入した時点から車の査定額は下がります。まれに中古車の方が査定額が上がる場合がありますが、それは査定の範囲にいれないのがベストです。
一概に何割ぐらいの相場になるだろうという指標はありません。参考程度に見るならイエローブックやシルバーブックでしょう。
さらに気になるサイトがありますので、そちらも参考にご覧ください。

 

<PR>査定価格を上げる方法も必見です。ぜひご覧ください。